MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント




“ザ・フッコハンター”
シマノ
102PLUS 


    




 昭和60〜61年の購入であったと記憶しています。

 近所のJSYのワゴンで1000円くらいだったはず。
 説明書が日本語じゃなかった気がするな。
 パッケージも箱じゃなくてブリスターだったかも。
 ラインキャパ表示はポンドヤードになっていましたので
 輸出用が国内に流れたか
 逆輸入品ってことでしょうか?

 ま、見ての通りのクローズドフェイスリールです。

 スピニングやベイトリールに比べて
 使えるルアーの範囲が狭く
 遠投性能にも劣るので
 出番はかなり少ないです。

 そのくせブラックバス、ブルーギル、コイ、マルタといった
 数々の外道を仕留めており、
 ダイワジェットキャストという赤いグラスロッドに
 ナイロン2号(もしくは1.2号だったかもしれん)というセットで
 60センチのコイをランディングした実績もあるので
 案外侮れません。

 構造はひどくシンプルです。
 覆面機はみんなこういうものらしいが。


     



 現在もなおこのリールは現役実戦配備中です。
 ちょい投げハゼ釣りと
 スズキ釣りド外道捕獲ペナルティアイテムを担当しています。

 ハゼ釣りなら癒し系リールになるんだが
 スズキ釣りでは罰ゲーム扱いの恐怖の使者という扱いです。

 クローズドフェイスリールでスズキのショアフィッシングなんて
 嫌過ぎる…。

 ド外道捕獲ペナルティについては、
 本館ブログにて検索してみてください。
 詳細を掲載しています。


 このリール、既に部品の入手等は不可能になっていると思います。

 昭和の製品の部品じゃ
 さすがにシマノに在庫があるとは思えん。

 しかしながら、このリールは五十鈴工業のピッキーノとして転生し
 今もなおユーザーの手に入るそうです。

 部品の互換性はあるのかな。

 年に数回出動して、ハゼとタイマンする程度なら
 今後10年は余裕で現役なのじゃなかろうか。

 そもそも、今時クローズドフェイスリールを使う人なんて
 まず見かけないぞ。
 10年前ですら変態を見るような目で見られたくらいだ。

 海の向こうでは、覆面機もかなり需要がありそうですね。
 最初にボートありきで飛距離の要らない釣りなら
 覆面リールの方が気軽に使えて故障も少ないのかも。

 最近の悩みは、クローズドフェイスリールに合う
 ロッドがほとんど見当たらないこと。



         




 フジグリップが一番いいと思うんだが
 フジグリップが完全旧式化して死に絶えた現在では
 ブランクスルーハンドルに搭載せざるを得ません。

 大人の手の大きさなら、
 これをパーミングすることは
 不可能でなないと思います。

 ただ、昔のロッドに比べて快適性がイマイチですね。

 その代わり、最近はダブルハンドルのロッドが増えて
 両手投げがしやすくなったので
 あまり問題はないのかもしれない。



Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system