MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント






“ザ・フッコハンター”
アブガルシア
アンバサダー
4600Cガンナー
(フットナンバー080008)

       

        到着して即、サムレストのゴムを引っぺがし
        下地にアルミテープを貼っています。
        カップのステッカーは既になく、当初モデル名が不明でした。
        完全分解フルメンテしてギアが軽合金製であることを確認し、
        サムレストの形状とフットナンバーからガンナーシークレットモデルと断定。



 ネットオークションで奇跡的に安く落札してしまいました。

 シークレットパーツのサムレストは既にゴムが溶けていてベトベト。
 全部剥がして、アルミテープを貼った上からコルクシートを貼りました。



         

           直接コルクシートを貼ると腐食すると思って
           下地にアルミテープを貼っています。
           サムレストも、エッジをカバーする意味で
           アルミテープを下地に貼っています。



 ボディ各所の傷を防いで、パーミングの安定性を確保するために
 各部にアルミテープを貼った上からコルクシートを貼り足しています。

 内部ギアは軽合金製です。
 重くても真鍮製ギアの方が故障の心配が少なくていいなあ。

 使用感はまずまずですが
 ラパラCD9を投げた際に大バックラッシュをやってしまい
 遠心ブレーキをボールペン芯に板オモリを巻いて固定したものに
 交換しました。


         

          こんな感じで処理しています。
          板オモリを一周させてアロンアルファで留めただけ。


 ブレーキの効きがよくなったため、
 最初からブレーキドラムにオイルを入れて投げています。

 46系はマイナーチェンジを繰り返しつつ今も生きている製品ですから
 部品供給も長く続いてくれるはず。

 クラッチアーム先端ヒンジ部の磨耗くらいですかね。
 耐久性に不安のある箇所は。


 整備性では最強クラスでしょう。故障率も低そう。
 実に簡素なパーツ構成で
 パーツ展開図もなしに分解整備できてしまいます。

 弱点は、10グラム未満の軽量ルアーが投げにくいこと。
 ボディがでかくてパーミングしにくいこと。
 ナロースプールゆえバックラッシュ対処が大変なこと。

 やっぱりブランクスルーハンドルとは相性がよくないです。



          

          フジグリップならベストマッチです。低重心で握りやすい。
          そもそもこういうリールのためのハンドルなんだろうから当然か。
         ※ハンドルとドラグノブが元祖ブラックマックスのものになっています。



 最近は敬遠されている機種のようですが
 国産メーカーにない良さがあって良いですね。

 このリールは、シンクロレベルワインドで
 キャスティング時にもレベルワインドが動きますから
 毎回のレベワイ周りの掃除と注油は必須です。

 総合的に見て、スズキ釣りなら十分現役で通用する機種だと思います。


 【その他改修ポイント】

  ・コルクシートとアルミテープマスキングテープでスプール下巻き
  ・ベアリングはオープン化


                

                カップは曲面でしかも複雑形状。
                気になるところだけ貼っています。



 その他アンバサダー4600Cガンナー関係情報

Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system