MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント




“ザ・フッコハンター”

シマノ
バスワンXT1652−2改
7フィート10インチ


  




 2000年末から2001年正月にかけて建造したロッドです。

 それまで使っていたシマノバスワンXT1652-2が折れたため、
 新品の同じロッドをもう1本購入して
 たまたま手に入れていた富士工業のNA規格コネクター式の
 GH15ハンドル(12インチモデル)を使えるよう
 バスワンのハンドルを撤去して、バットガイドを1個追加。
 コネクターをバットエンドに取り付けました。

 バットには、ガイドを1個追加しています。
 ロゴの上でも容赦なくスレッドを巻くのが
 管理人の芸風です。


    



 フジグリップを継ぎ足したので
 全長は6フィート6インチから7フィート10インチに延長されて
 レングスの不満はなくなりました。

 シマノのバスワンは、一部のアングラーには熱狂的信者がいるようで
 感度が鈍い代わりに折れにくく、
 価格のこともあって気兼ねなく使えるのが良いようです。

 改造してしまうと、なかなかそうもいかないのですが
 65センチのフッコをぶちぬいてランディングできるとは
 思わなかったです。

 ルアーは、10〜28グラムの範囲で使っていました。



       




 このあと、しばらくショートロッドに回帰して
 ロングロッドは使わなかったのですが
 現在では、やっぱりスズキ用ベイトロッドは
 8フィートが最低ラインではないかと思うようになりました。


 残念ながら、2009年11月に自転車輸送中の事故で折ってしまい
 もう手元にはないロッドです。


   





 改造方法は、バストラッカー改の改造記事を参照してください。

 現在、コネクターが製造中止で手に入りません。
 作る場合は、真鍮素材を駆使して
 コネクターを自作するほかにないでしょう。

 アルミパイプは避けた方がいいね。
 どうも腐食に弱そうだ。


 フジグリップのおかげで、8フィート級のロッドなのに
 6フィート6インチの仕舞寸法で
 自転車搭載には都合が良かったです。

 現在、改造用にシマノのバスライズ1652-2を確保中。
 その気になれば似たようなロッドをいつでも作れます。

 モバイルロッド主体の現在では、作っても出番がなさそうだけど
 できれば、もう一度使いたいな。



     






 バスワンXT改の重量について

 その他富士工業GA−NA規格コネクター式フジグリップ情報

 へし折れたバスワンXT1652−2(改)の回想
Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system