MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント




“ザ・フッコハンター”
アブガルシア
アンバサダー
ブラックマックススプリント

        



 1991年8月に購入したリールです。

 当時の国産リールと比較して
 「ABUだから」という理由だけで
 これを選んだ記憶があります。

 アンバサダーとしては強度が桁外れに低いリールで
 既にフレームはカシメが緩んでガタガタです。

 薄いアルミ製のフレームプレートが原因でしょう。

 アブガルシアが無理して
 現在のような軽量化リールを作ろうとしたのか、
 致命的に剛性が不足してしまったみたいです。

 フレームプレートを真鍮にするか
 はたまたフレームプレートの厚みを0.5ミリ以上増加させておけば
 そこそこ強度があって良いリールになったかもしれません。

 フックセットボタンは、明らかに無駄装備でしたが
 このボタンには、クラッチ制御用のトーションバネの
 寿命を知らせるインジケーターとしての役割があります。

 バネが傷んでくると、このボタンのガタツキがひどくなりますので
 早めにバネを交換すれば現場で故障させずに済みます。

 このバネは、釣り道具屋やハンズで売っている
 0.8ミリステンレスバネ線を巻いて自作できますから
 わざわざ部品を注文するほどのことはなさそうです。


 2001年末にアクシス100旧型に交代するまで、
 10年間主力として使い続けた末に引退。


        



 しかし、長年使った愛用品なので
 そのまま腐らせておくのは惜しく
 ブレーキ改造を施して戦列復帰させました。


    


 

 ダイソーのホワイトボード用磁石から抜いた
 分厚いネオジウムマグネットが直径5ミリで
 このリールのマグホールに合います。

 但し、マグネットが分厚いため、
 そのままセットしようとすると
 マグネットがスプールに当たってしまいます。

 そこで、金属プレートのない側に磁石をセットし、
 ブレーキユニットの裏側からエポキシパテを詰め込んで
 固定しました。


 このリール、ウルトラキャストの特性なのか
 純正の薄い磁石3個ではメカブレーキを緩めると
 即バックラッシュです。

 マグブレーキを強化することで
 メカブレーキを弱めにして
 飛距離をある程度伸ばすことができます。

 スプールの径が、最近のリールよりも大きいので
 バックラッシュさせると被害は拡大します。

 ダイソー磁石3個積みで
 かなり使いやすくなりました。

 1990年製のリールながら今も現役で使用しています。
 いつかぶっ壊れるに違いないけど。



 その他ブラックマックススプリント関係情報

Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system