MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント






“ザ・フッコハンター”
ダイワ
BW2(改)

         



 いかにも80年代末期な設計のこのリール。

 これの前に使っていたリョービVマグ3という廉価リールが
 クラッチカム割れで死亡し
 後継として購入しました。たしか2980円。税別だったっけ?

 ブラックマックススプリントを購入するまでのつなぎとして
 半年くらいバス釣りに使ったかな。

 ブラックマックススプリントを手に入れてからは
 バックアップ用となり
 2010年まで眠りについていました。

 現在では考えにくいボールベアリング0個のリールです。
 オールブッシュの5点支持方式となっています。
 ベアリングゼロの機体にふさわしい飛距離で
 スプール単体重量も現在の水準では考えられないくらい重く
 死蔵在庫化していたのです。
 まず10グラム未満のルアーでは飛びません。



             

             まだマグにオフポジションが設定される前の
             古いリールです。
             ブラックバス用としては
             もはや使いにくいだけでしょう。



 ベアリングは、私が確認した限りでは、
 スプール支持用に2個、ハンドル軸付け根に1個の
 計3個を追加できます。

 ベアリングのサイズは、全て9×5×3でOKです。



         

        パーミングカップ部の黒い樹脂ブッシュをベアリングに交換します。
         5角形バネで固定されているので、それを外してから
         釘か何かでブッシュを引っ掛けて引きずり出せばOK。



         

         右側は、金属ブッシュが真ちゅう製?のリングで固定されています。
         やはりこれも釘かなにかを引っ掛けて外して
         ボールベアリングに交換します。



 スプール軸にミネベアボールベアリングを2個オープン化して入れたら
 90年代後半の形式のリールと飛距離ではいい勝負でした。

 スプール重量が最近のリールとしては信じられないくらい重いため
 ベアリングを追加しても
 10グラム未満のルアーではあまり飛びませんでした。

 但し、15グラム以上のルアーなら快適に投げられます。

 上位機種の金属製スプールなら、もっと重量が軽いのかもしれません。

 軽いルアーさえ使わなければ、ベアリング組み込みで現在でも通用する
 良いリールではないかと思います。

 ただ、構造上ソルトウォーターでは使用に難がありそうです。
 マグネットが錆びたら困るし。河川内専用ですね。
 ベアリング内蔵状態ならラパラCD9を気持ちよく投げられます。

 クラッチが旧式ですので
 間違ってもルアー着水前にクラッチをつないではいけません。
 ピニオンギアが簡単に削れます。

 フレームは樹脂製です。かなりしっかりしているのはさすがダイワです。

 このリール、なんと2011年現在においても
 メーカー修理が可能です。
 若干のパーツを除いて、まだメーカーに部品ストックがあるんだとか。
 詳細はダイワのアフター関係サイトで確認できます。

 まあ、こんな安リールを修理してまで使う変態はいないと思いますが、
 一部機種の一部パーツ供給お断りという
 ダイワの引きこもり政策に抗議して
 このリールは永久凍結処分となり、
 現在はお蔵入りボックスで眠っています。

 その他BW2関係情報

Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system