MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント





“ザ・フッコハンター”


【 モバイルロッド普及委員会 】



                   




 今ひとつマイナー感がぬぐえない各種モバイル・パックロッドです。

 まあ、ジョイントが多いだけ重かったりアクションが悪かったりするけど
 携帯性を考えたときにこれ以上の選択肢が果たしてあるでしょうか?

 私は、自転車釣行メインということもあって
 モバイルロッド主体のスタイルに落ち着いています。

 自転車で激しく移動を繰り返す場合は、
 振出コンパクトタイプのロッドが最も使いやすいと思います。

 ベイトキャスティングロッドだと市販品はまずないため
 自作する以外に手はないのですが。



     




 並継ぎ(印籠継ぎ?)式のパックロッドなら
 バス用の6フィート6インチくらいのが
 最近は各種出ているようです。

 カベラスの通販だと、7フィートの4ピースがありますね。
 発注手続きが面倒かもしれませんが。

 スピニング用のシーバスロッドであれば
 もっと選択肢は広いです。

 自動車なら長いロッドでも積み込めるのでしょうけど
 自動車だってモバイルロッドのメリットはあります。
 気軽に車内に積み込めて
 ドアに挟んで折るなんていうトラブルも
 最小限に抑えられるはず。

 長さを犠牲にすれば、ビジネスバッグに収まるサイズの
 モバイルロッドだってあるわけで。

 会社帰り、あるいは学校帰りに
 ロッドを出すという技も可能になります。

 性能が2ピース以上のロッドに比べて悪いのは当たり前。
 性能を理由にしてモバイルロッドを使わないのは損です。

 長いロッドを持っていけない状況なんていくらでもあるわけで
 そういうときでもしぶとく釣りをするためのツールが
 各種モバイルロッドなのです。

 ロッドがいくら高性能でも、持って行けなければ
 釣りはできません。

 モバイルロッドなら、性能的にワンランク低かったり
 使い勝手に難があったりする反面、
 出動チャンスを大幅に増やせるというメリットがあります。

 自転車やバイクで気軽に釣りに行くなら
 モバイルロッドこそ最良の選択だと思います。

 モバイルロッド運用上の注意は、
 常にジョイントにフェルールワックスを塗っておくこと。
 釣りの最中に頻繁にジョイントの緩みを点検すること。
 ハンドル以外の部分をつかんで持ち歩かないこと。
 無理な抜き上げはしないことです。



     



 振出ロッドなら、この点は比較的フリーで済みますが
 ガイドのねじれ問題があるので
 釣りの最中は点検が面倒です。
 まあ、慣れれば苦にはならないのですけど。

 振出ベイトキャスティングロッドの場合は、
 意外にガイドねじれが少ないです。
 ガイド個数を増やしているせいかな?

 振出スピニングでも、トラギアみたいにガイド個数の多いタイプなら
 もしかしたらねじれは少ないかもしれません。

 振出のロッドに合わせるスピニングリールは、
 スプール径の小さいものを選んだ方が無難でしょう。
 元ガイドが小さいため
 チョークを起こしてあまり飛ばないはず。


    


 ついつい道具はあれこれ持っていきたくなりますが
 最小限のタックルとルアーで釣りに行くのも面白いです。
 いかに自分が普段無駄な荷物を抱えて出動していたか
 思い知らされます。

 全然投げないルアーとか。

 3時間前後の釣りだと
 ルアーは、プラグなら10本まで。
 ワームも合計それくらいで足ります。
 あとはスプーンやスピンテールジグを数本。

 こういうシンプルフィッシングにはまると
 ショップに行っても物をあまり買わなくなってきますね。



 
Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system