MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント





“ザ・フッコハンター”


【 ラインは安物ナイロンを 】



 私の場合、とりあえず釣りができればいいという程度のレベルですので
 ラインは安物500メートル巻きのナイロンを使っています。

 特にお気に入りの銘柄はありません。
 太さは3号を使っていますが
 以前は4号を使っていました。

 3号の方が軽いルアーの場合は都合が良いけど
 4号なら大き目の魚でもブチヌキが可能なんですね。

 60センチまでのフッコなら問題ないことを確認しています。

 手網は邪魔なので持って行きません。
 リーダーを引っつかんで引き上げ。
 小物ならブチヌキ。
 途中で外れたらオートリリースです。

 フロロカーボンラインやPEは、割高なので買いません。

 使えば便利なのかもしれないけど、
 投資するだけの価値があるかどうか。

 私の場合、気安く使えることを最重要視するので
 安物ナイロンで十分かな。

 高いラインに替えれば倍釣れるというなら
 高価なラインの導入を考えてもいいけど。


 近所のJSYとかで、安く売っているラインがあったら
 仕入れています。
 500メートル巻きが1年持ちますね。

 3時間程度の釣りを4回やったくらいで巻き替えています。
 糸が縮れて飛距離ダウンとトラブルの原因になるからです。


           




     


     



 また、キャスティング技術が未熟なゆえに
 こんな感じになりがちなので
 高いラインは使えないのだ。

 ブラックマックススプリントも46ガンナーも
 大径スプールだから
 バックラッシュが深刻化しやすいのかな?

 気のせいか、ラッシュしたときの絡み具合が
 小径スプールのリールよりも厄介です。


 ブラックマックススプリントはマグブレーキの強化、
 46ガンナーはブレーキブロックのチューニングで
 トラブルを減少させることができました。

 ただ、投げそこなうとやっぱりライントラブルにつながって
 最悪ルアーの損失にもつながります。

 バックラッシュを修復中にルアーが水底の障害物に
 引っかかってしまったり
 流されたルアーが岸際のテトラに吸い込まれて
 回収できなくなったり。

 ラインだけでは済まないのですね。

 沈むルアーだけでなく
 フローティングミノーでも損失の危険があります。
 強風で流れも強いと
 あっという間にルアーが流されて岸まで運ばれてしまう。

 また、ゴロタ石の多いポイントでは
 ラインに傷が入りやすいし
 PEだと面倒なラインシステムを組まなきゃならないから
 格安ナイロンの方がいろいろ好都合な面もあります。
 低コストで、直結可能で、絡んでも解きやすいから。




Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system