MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント







“ザ・フッコハンター”
ミノー各種
(自作品)


      




 ルアーはほぼ全種自作可能ですが
 工作が面倒だったり、作っても出番が少なかったり
 損失率が高すぎるものは
 あまり作らなくなりました。
 
 現在、自作してもいいと考えているのは
 フローティングミノーだけです。

 市販品は重心移動のミノーばかりなので
 そうでない固定重心、リアウェイトのものを作っています。

 足場がそんなに高くないポイントに特化しているため
 足元から水面まで3メートル以上あるようなポイントでは
 使いにくいかもしれません。

 ダータータイプの方が工作は簡単かな。

 ただ、リップ付きの方が泳ぎは狙ったものになりやすいです。

 やっぱり、一番使う9〜11センチのものが多いです。

 小さいのや、大きいのは使わないから
 作っても不良在庫になりがちです。



        

                とりあえず形をそれらしく作って
              アルミを貼れば十分リアルな感じがするけどな。
           市販品は装飾過剰で無駄コストがかかりすぎかもしれない。




 市販品と比べること自体間違ってるな。

 魚を釣りたいのではなく
 自作ルアーで魚を釣りたいのだよ。


    


 仕上げは、最近は簡略化しまくっています。
 エアブラシ塗装なんて面倒すぎるし
 塗料やシンナーの無駄遣いでしかないし。

 かといって缶スプレーではうまく塗れないから
 最近はマジックペンとマニキュアしか使っていません。

 コーティングは、ルアー用のセルロースセメントではなく
 ゲンゲンという塗料メーカーのクリアラッカーを使っています。


                




 臭いがフジクラのセルロースセメントと同じだし
 ゲンゲンの方が安いぞ。
 私は池袋ハンズで購入しました。
 渋谷ハンズじゃ見かけなかったな。
 リターダーは必須ですね。

 ロッド製作に使ったウレタン塗料の余りを
 コーティングに使うこともあります。

 まあ、私の場合、ロッドのスレッドコーティングも
 ルアー用の硬質ウレタンフロアでやってしまいます。



 シンキングペンシルは工作が簡単だけど
 これを引き続けるのはつらいですね。
 巻いててつまらないのがキツイ。
 動きは釣れそうなんだけど。

         




 このダーターは14センチ。
 でかすぎて手持ちタックルでは投げにくく、
 留守番がちなルアーです。

     



 その他ルアー関係情報

Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system