MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント







“ザ・フッコハンター”
ミノー各種
(市販品)

     


 あまり国産ルアーは買いません。
 樹脂製ルアーはすぐ壊れるし。

 どちらかと言うと、舶来品の方が手を加える余地も多々あり
 使っていて楽しいです。

 フローティングミノーは、テールに板オモリを貼って
 斜め浮きにすることが多いです。

 ベイトタックルでは飛行姿勢の良否が重要なので
 飛行時の姿勢制御も兼ねています。


 以下、紹介するのはストックボックスに入っている
 市販ミノーです。

 持って行ったり行かなかったり。
 自分で改装したものも多く、
 変なカラーリングのものがあったら
 それはリペイントしたものですのであしからず。



    ラパラCD9
    

 CD7だと軽すぎて
 CD11だと中古のタマ数が少ないため
 CD9のみストックがあります。

 ベイトタックルでは投げにくいですが
 スピニングでも大して飛ぶまい。
 フックは、海津バリ17号にしています。






 ボーマー ロングA(写真は15A)
  

 9センチの14Aと12センチの15Aを使用。
 ディープダイバーの24Aも使います。
 オモリは入っていないはずだけど
 比較的投げやすいかな。



 コットンコーデル レッドフィン


  

 13センチを使用しています。
 この泳ぎはすげえ。
 まだ実績がないけど。
 テールにかなりの量の板オモリを貼っていますが。
 平気で泳ぎますね。





 メガバス リップインベイトS
 

 荒川で実績あり。
 1本だけ保有。
 もう製造中止だとか。
 中古のタマ数がいつまで続くか。
 唯一購入してもいいかなと思える国産重心移動ルアー。
 ぶつけるとすぐ壊れるらしい。






 レーベルミノー11センチ
 

 昭和末期に特売200円で購入したものを改装。
 リップが折れてるのを直したので
 オリジナルの動きとは違うかも。
 これも中にウェイトが入ってないです。
 テールに板オモリを貼っています。






 シャッドラップSR8
 

 厳密にはミノーでないけど
 ここで掲載。
 2009年、数年の休眠を終えアングラー復帰した直後に
 隅田川でフッコをヒットさせたルアー。
 このときはジャンプでばれました。
 フロントフックを持って行かれたのだ。


 冒頭写真にあるラパラフローティングマグナム11センチも
 結構気に入っています。

 国産重心移動プラスチックミノーは
 まず買うことはありません。
 すぐ浸水して中が錆びて使えなくなるから。

 舶来の方がよく泳ぐし、調整幅が広いし
 耐久性も高いので(時々精度に難があるけど)
 好きかも。




 その他ルアー関係情報

Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system