MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント








“ザ・フッコハンター”

 【 なぜベイトキャスティングタックルを使うのか 】

     



 対象魚とフィールド、釣り方によっては
 スピニングよりも有利と言われるベイトキャスティングタックルですが
 私は、どう考えてもスピの方が便利と考えています。

 軽いルアーでも飛ぶし、手入れは楽だし。
 
 
 スピと比較すれば、ベイトキャスティングタックルの使用なぞ
 スズキ釣りにおいては合理性を欠く異端な行ないなのですね。

 最近(2011年3月現在)でこそ7〜8フィートクラスのベイトロッドが
 増加の兆しを見せていますが
 10年前にはそれすらほとんどなかったわけで。

 およそスズキ釣りを始めようとする人たちは
 何の疑問もなくスピニングを手に取ったのではないでしょうか。

 私の場合は、サムバー式ベイトリールの
 操作性の高さがスピよりも好ましく
 また、手荒に扱っても壊れにくい構造が
 道具の買い替えを最小限に抑えてくれると思って
 納得ずくの上、ベイトタックルを選択しています。




             



 ロッドさえ手に入るなら、スズキ(シーバス)釣りに
 ベイトタックルを持ち込むことは簡単です。

 リールは、淡水専用と謳われていない限り
 何を使ってもいいはず。

 塩水の中で使っても
 手入れさえきちんとしていれば
 3大メーカーの製品なら
 そうそう壊れやしないとおもいます。



 ただ、私のようにモバイルロッドという狭量な要求を押し通すと
 ロッド自作の憂き目に遭います。




 もっとも、振出ロングベイトロッドを作るのは
 実はそんなに難しくありません。

 富士工業のサイトに、ロッドクラフトの方法をまとめた資料が
 掲載されていますので
 道具さえあればハンドルの撤去交換は可能です。
 (これが実に厄介な作業なんですが不可能ではない)

 プレートシートの投げ竿なんかを改造して
 振出ロングベイトロッドを作るのもありでしょう。

 径の合うリールシートやグリップフォームさえあれば、
 あとはガイドを置きたい箇所のブランク径をノギスで計測し
 それに合う振出ロッド用ガイドを一式揃えて
 組み立てれば良いのです。

 ダイワやシマノに既製ロッドのパーツ発注をすれば、
 富士工業が市販していないタイプのガイドを
 揃えることも可能です。

 但し、振出ロッドの場合は、1本のロッドで
 目当てのサイズのガイドが全部揃わないと思います。
 1本のロッド用のガイドを揃えるのに
 数本のロッドのパーツを頼まないといけなかったりします。

 メーカーサイトで公開されているパーツリストとにらめっこして
 適合するサイズのガイドを探すしかないです。

 径が合わなければ、穴を0.2ミリほど拡げたりして
 目当ての位置にガイドを置くことは可能です。

 但し、遊動ガイドは糸を巻いて径を合わせるという技が使えません。


              

          これは、ダイワパシフィックファントム改9フィート。
          シマノホリデーパックのガイドに交換した。
          ベイトロッドなので原型ロッドより3個ガイドを増やした。
          ガイドが多いせいか、改造前のスピニングに比べて
          ガイドの捩れトラブルがあまりない。



 普通の釣りに飽きたら、ベイトタックルでハンデ戦に挑むのも
 楽しいかもしれません。
 夜釣りでも、使い慣れたリールなら
 着水点が見えなくてもバックラッシュはブレーキ調整次第で
 解消できると思います。

 スピニングだってライントラブルはゼロじゃないだろうし。



Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system