MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント




“ザ・フッコハンター”
OGK
パックキャスト
604ML-C改
6フィート8インチ
(鬱パックロッド)


     

      各ジョイント部に注目して欲しい。
      なぜか真ん中だけ逆並継ぎなのだ。



 OGKの6フィートベイトキャスティングパックロッドを
 中古で手に入れたので
 改造しました。

 グローバルパック4よりも強いパックロッドが欲しかったのです。


 6フィートのロッドにフジグリップを継ぎ足して
 7フィートにするはずが
 ティップを火であぶりすぎたか
 触っただけでティップ部が10センチほど折れてしまい
 結局6フィート8インチのロッドとして完成させました。



    

     スレッドコーティングのエポキシを軽く炙って除去しようとしていただけなのだが
     細いので火が通ってブランクの樹脂まで軟化させてしまったらしい。
     しまったと思っても後の祭り。ここから鬱ストーリーは始まった…。



 ティップ折れのせいでパワーがあるロッドになりましたが
 ある日、退却時のタックル解体中に
 水を切ろうと思って軽く振ったら
 ティップがすっぽ抜けて川面に飛んでいってしまい
 そのまま回収できずご臨終に。


 そもそも、このロッドは印ろう継ぎなのに
 なぜか真ん中のジョイントだけ逆並継ぎだったり
 バットは無理やりカーボンパイプを継ぎ足した
 インチキシークレットシューズ構造だったりで
 改造していてがっかりさせられまくりでした。



        

        これが問題のバット部。右がエンド側。
        径の太いカーボンパイプを継ぎ足している。
        フジのリールシートを叩き割って撤去したら
        中身はこんなだった。
        こういう上げ底ロッドは有名メーカーでも時々やるらしい。



 このティップすっぽ抜け事故の反省は、
 管理人に振出ベイトロッドを建造させる契機になりました。

 今使っている振出ベイトロッドに比べると
 硬くて投げにくいロッドだったかもしれないです。

 ガイドは、折れたシマノ・バスワンXT1652-2のものを流用しました。
 トップガイドは、フジのPOTです。

 フジグリップと6フィート級のパックロッド用ブランクを組み合わせて
 仕舞寸法の短いロッドを作るというアイデアは
 なかなか良いと思うんだけどな。

 まあ、振出コンパクトベイトロッドの210クラスの方が
 色々と便利かもしれないな。
 ことスズキ釣りに限っては。

 改造中の事故で逆上して
 ジャストエースの6フィート4ピースブランクを買ってしまったんだが
 振出ロッドの予想外の便利さが判明してしまい
 折角のブランクも死蔵品になっています。

 おなじOGKでも、グローバルパックとは別物なんだな。
 
 パックキャストは、前述のわけわからん仕様ながら
 ガイドはフジのものがついていました。

 グローバルパック4については別項にて紹介します。

 このロッドも、既に手元にないわけですが
 完成から半年ももたずに死亡しているロッドで
 1匹も掛けていないのが心残りです。




 製作記事




      
Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system