MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント





“ザ・フッコハンター”


【 廉価ロッド万歳! 】



 ロッドに関しては、2万円以上の高級品は使ったことがありません。

 性能は素晴らしいんだろうが
 ぶつけりゃ簡単に折れるものに高額な投資はできません。



     

        これは、シマノのバスライズ1652-2。5千円くらいで買えるはず。
        感度は良くないけれど、感度が悪いとそんなにまずいのか?



 リールなら、ちょっと無理して高級品を買ってもいいです。
 リールの場合は、価格がそのまま仕様に反映されるから。
 樹脂が金属になったり、ボールベアリングが1個増えたり。
 高価格には、それなりに納得いく要素があります。


 ただ、ロッドはどうなのかな?
 あれは素材や製法が見えにくく、
 高級ロッドといえども何処にコストがかかっているかわからん。


 私の場合、感度には結構無頓着です。
 基本、「釣れないクン」なので、感度なぞこだわったところで無意味だし。


 私の場合は、昼間の釣りが主体ですから
 見やすい色のラインでアタリをとったり
 ティップの動きで判断したりしてもいいわけで
 ロッドの感度に依存しなくても良いと思います。

 感度が良くても、その信号が何を意味しているのか
 わからなければ意味はないと考えています。


 ブラックバスを釣るなら、ワームシンカーで水底を探りたいので
 私も感度をある程度気にすると思いますが
 ミノーを投げて引くだけのスズキ釣りでは
 中層を引いてくることになるから
 バス釣りほど感度に執着しなくても良いと思っています。


 仮に、魚のアタリが丸わかりでも、
 ピンポイントを打てないうちは
 全て不意打ちアタックになってしまい
 アワセを食らわす余裕はないはずなので。

 魚の居場所をピンポイントで特定できるようになったら
 感度のよい高級ロッドの導入を考えます。

 それまでは、折れてもあまり痛手のない
 廉価ロッドを数多く揃えて
 自分の釣りを多彩にする方を優先します。


 また、廉価ロッドの良い点は、グラス成分が高めなこと。

 よく曲がって折れにくいロッドの方が
 スズキのエラ洗いに対抗できるしルアーも投げやすいはず。


 ガイドは、廉価品の場合ハード系リングが主流です。

 外国製SiCリングを採用しているロッドもありますが
 富士工業製SiCとは別のものと考えた方が良いでしょう。


 私は、ローコストを重視しているために
 SiCを最良とみなしてはいません。

 SiCは、他のリング素材に比べて割れやすいという欠点もあります。
 きっと硬すぎて脆いのですね。

 私はナイロンラインしか使わないので
 硬度はハードリング級で十分ですし
 リング素材を変えたからといって
 飛距離や糸の保護性に顕著な差が出るかな?

 もちろん、素材によって差はあるはずですが
 私の釣りは、ターゲットがスズキです。
 パワーはたかが知れているはず。
 ラインもナイロン3号以上を使うから
 別段SiCでなくても問題は出にくいはずなのです。


 なので、コストと割れにくさという点を重視して
 私はハード系リングを最良の選択と考えています。


 なによりも、廉価ロッドの強みって、安いので気兼ねなく振り回せて
 折れても買い替えが痛手にならないという点にあるわけで
 まあ、戦争は質より数かなと思うわけです。
 
 高級ロッドを数多く揃えるくらいなら
 ロッドのグレードを落として他に投資した方がいいよね。

     





     
Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system