MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント





“ザ・フッコハンター”


【 地元密着自転車ランガン釣行について 】



 仕事の問題や地理的な制約、資金のことを考えているうちに
 上記のスタイルに落ち着いてしまいました。

 さらに、昼間、ベイトタックルという条件が加わるので
 ビハインドはかなりのものになります。




         

         写真はバストラッカー改7フィートと
         4600Cガンナー(080008)です。




 気軽に出かけるためには、近場のフィールド。
 (荒川とその周辺河川)

 現地での機動力と利便性を考えると、自転車。

 買い換えなくても済む丈夫なタックルといえば、ベイトキャスティング。

         




 スピニングは気の短い管理人には不向きです。
 操作が面倒で壊れやすい。



         

           まともな所有スピニングはこれだけ
           カーディナルC5。
           スピニングロッドに至っては
           現在1本も持っていません。(ベイトロッドに改造しちゃった)




 コストを下げても楽しめるように、自作の道具を多用します。

 そもそもスズキ用の長いベイトロッドなんて
 ほとんど売っていないし。
 7フィート以上のモバイルベイトロッドなんて
 どこのメーカーでも作っていないはず。

 リールは、超高性能を求めるなら国産シマノでFA。

 私は、壊れず手入れしやすいことを最重要視するので
 国産ならシンプルなシマノのアクシス。
 あとは各種アンバサダーを採用しています。





          
          
            シマノ・アクシス100と
            なつかしのアンバサダーブラックマックススプリント。
            今もまだ使っている人、いる?




 中古市場が盛況なおかげで
 リールは戦力増強しやすくて助かります。

 ラインは、ボビン500メートル巻きの安物で十分。

 自転車を漕いで脚力を鍛えつつ
 のんびりとポイントを巡りながら釣っています。

 毎回の釣行にかかる費用は…。

 交通費 0円?(自転車の消耗を考慮せず)
 その他経費は、ほとんどかかりません。

 ラインは、一度巻いたら3〜4回は使うし
 1回の釣行で投げる時間はせいぜい3時間くらいです。
 (1日のんびり釣りできる身分じゃないので…)

 ルアーは、なくさなければ補充の必要なし。
 買うとしても安い中古。
 自作のルアーは超手抜き仕上げですから
 自作コストはそんなにかかりません。
 
 
 私の場合、道具作りが主体で
 実際に魚を釣ることに関しては研究が著しく遅れているので
 一番成績がよくても4回に1回の割合で1匹釣れるくらい?

 てんでダメなわけですが
 それでも行ってしまうんだな。


 
Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system