MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント

“ザ・フッコハンター”



アブガルシア
アンバサダーS1600C


          



 以前は、中古リールは眼中になかったのですが
 このリールを手に入れて考え方が変わりました。

 現在は、アンバサダーなら中古OKという認識です。

 こいつは近所の中古屋(ベリ)のジャンクワゴンに転がっていました。
 傷だらけでかなりぼろかったけど
 2,100円だし、触ってみたら、ちゃんと稼働するので購入決定。

 機関はそれほど傷んでいませんでした。
 フルメンテして投げてみたら、アクシスよりずっと使いやすい。


    



 スプールが小さくて軽い分、飛距離を出しやすいです。
 遠心ブレーキの調整はできないけど、
 ボールペン芯を加工したブレーキブロックを入れておけば
 そうバックラッシュはしないし
 メカニカルブレーキだけで十分調整できます。

 まだ試したことがないけど
 純正ブレーキブロックだと効きすぎるんじゃないかな。
 これには青いブロックが2個入っていました。
 それは使っていません。

 スプールが小さくて軽いから。
 私は、できるだけ小さく切ったボールペン芯製を
 2つ入れています。

 かなりお気に入りの1台です。
 ただ、軽量ルアーはT3000Cの方が投げやすい?


 欠点は、糸巻量が少ないことかな。
 3号ナイロンを100メートルきっちり巻けるみたいですが。
 もっと太い糸を使うとなると
 スズキ釣りでは使いにくいかもしれません。

 ブレーキドラムには最初からオイルを入れています。

 あとから手に入れた上級同系機のSM1600Cが
 コンディションいまいちだったため、
 現在はSM1600Cを実戦配備し
 このS1600Cは予備機として保管しています。

 ベアリングの少ないS1600Cの方が好みだなあ。
 壊れるところが少ない。


         

          カルカッタと同じローマウントリールフット形式です。
          これがフジグリップに良く合うんだ。


 この系統のリールは、全て廃盤なので残念です。
 クラシック系よりも扱いやすくて
 モラム系より耐久性と信頼性が高そうで
 構造もシンプル。整備もしやすい。
 スズキ釣りにはちょうど良いと思うんだけど。

 最近のブラックバス用リールとしては
 かなり重いため、バス釣りにはお勧めしません。
 重いゆえに頑強そうですが。


 バックラッシュはしにくいリールだと思いますけど
 一度させると解くのは大変。
 小さい上に、スプール開口部が狭いんだ。

 でもお気に入りの1台です。

      

                    分解整備は非常に簡単。
          分解図はアブガルシア公式サイトで入手できます。
      写真はSM1600Cで、ドラグノブがブラックマックス90-0になっています。





 その他S(SM)1600C関係情報

 アンバサダーSM1600C/3600C系と同3000C系のパーツ互換性について。









Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system