MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント




“ザ・フッコハンター”
アブガルシア
アンバサダーS3000C


     

     サムレストのイボ模様は、かつてアブガルシアが
     ポルシェで有名な主と乙のおっさんにデザインさせて
     華々しく発売した元祖非円形プロマックスの名残らしい。
     あのプロマックス、ヤフオクにすら滅多に出てこないし
     よほど売れなかったんだろう。



 通りすがりのベリの店舗で遭遇し、2,100円だったので即購入。
 この値段でこのコンディションなら買わなきゃ損だな。

 遠心ブレーキのみのモデルで、マグトラックスはついていません。

 まあ、こいつにゃ遠心ブレーキブロックもついていなかったんだが。

 スプールバヨネット内には、マグ関係の部品が入っていないので
 空洞です。


        

        この辺は、互換性というか、パーツ共有による生産合理化と
        アフター面を重視するアブガルシアらしい仕様ですね。
        マグパーツさえあれば、ツインブレーキ仕様のS3000Cなんてのもできます。



 この空洞バヨネットも、パーツ形状自体はT3000Cと共通みたいで
 マグ関係の部品は普通に組み込めます。

 このリールに限っては、遠心ブレーキは純正か
 もしくはボールペン芯の大きめのものを使うと良いと思います。
 マグのアシストが期待できないので。

 回転に不満があったら、ベアリングをオープン化すれば
 回りすぎるくらい回るかもしれません。
 過去の経験では、ベアリングをオープンにすると
 純正ブレーキが追いつかなくなるような気が…。

 ハンドルノブやサムバーは黒い方がカッコいいですね。
 グレーだとシルバーボディとの色調統一ができるんだけど
 散漫な印象になってしまうから。
 まあ、色は性能に関係ないからどうでもいいか。


         

         黒いストッキングを履いた女みたいで
         わりとちょいエロなルックスです。
         ただ、イボ模様だけは何とかならんか。



 これは、T3000Cの予備パーツ一式として待機中。

 2011年4月現在、3000C系リールは計4台を保有しています。
 もう製造中止のリールだし、アブガルシアはパーツ調達がめんどいから
 中古をストックしておく方が早そうです。

 はからずも、S1600Cと合わせて
 Sシリーズのリールが2台になりました。

 こういうシンプルなシリーズのリールは、
 当のアブガルシアでも今後二度と出てこないんでしょうね。



 アンバサダーT3000C関連記事

 T3000CとS3000Cの部品互換性について その1

 T3000CとS3000Cの部品互換性について その2


        
Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system