MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント




“ザ・フッコハンター”
アブガルシア
アンバサダーSM1600C



                

                写真手前 SM1600C
                奥は廉価版のS1600C



 S1600Cの上級モデルです。

 これも中古で手に入れたものの
 結構外装が傷んでいて
 内部もピニオンギアが削れているという低級品でした。

 タ○○ル○リーの通販は油断ならねえ。





    






 機能的にはS1600Cと大して変わりません。
 ベアリングが3個余計に入っているだけです。

 しかもそれらは巻きの軽さにしか貢献しておらず
 それとてもリトリーブが速くなりすぎる原因なので
 できればS1600Cを使いたいところです。

 前述のとおり、コンディションがちょっと落ちるので
 S1600Cを控えに下げて温存し、
 このSM1600Cを先に実戦投入しています。

 ピニオンギアは、メーカーに発注すると3千円くらいするんじゃないかな?

 これの削れピニオンをT3000Cに移植したところ
 機能上は問題ないもののフィーリングがいまいち。

 SM1600Cにピニオンを戻してテストしたら、
 こちらはスプールが若干小さくて軽いせいか
 特に問題なく使えるようです。

 自分のリールをどう使おうとユーザーの自由ですが
 そうやって破損させたリールを中古市場に流すなよな。

 ベリの店員も、買取品のチェックは全然してないね。
 ピニオンのチェックぐらい、簡易分解すれば目視できるだろうに。

 これの前身のプロマックスは、
 クラッチ系に難があったり、ハンドルノブに要らんベアリングが入っていたり
 あまり評判は良くないようです。

 SMシリーズとSシリーズは、プロマックス/ブラックマックスの
 欠点を改良したモデルらしいです。
 ベアリング数しか見ないユーザーだと
 間違って旧式のプロマックスを選んでしまいそうですね。
 故障率もプロマックスの方がきっと高いだろうな。

 丸型アンバサダーとしては、
 いわゆるクラシック系の第1世代、
 ワンピースアルミフレーム初採用の第2世代、
 現行モラムの第3世代に分類できると思います。

 クラシック系だと小型機は今ひとつです。
 1500/2500系は、ピニオンの設計が古くて
 故障率が結構高そうです。

 ネット検索でも、2500のピニオン破損情報は結構ヒットします。
 キャスティング中のクラッチオンでピニオンが削られやすいのですね。

 私の手持ちリールでも、BW2はピニオンが削れています。

 サムバー装備でクラッチが弱くなく
 適度なサイズのクラシックアンバサダーというと
 4600番しかないのね。

 モラムは構造がややこしい上に
 フレームがかなり弱そうです。
 軽量化される前のモデルなら丈夫かもしれないけど
 現在は紙みたいなフレーム厚の軽量化モデルしかないみたいだし。

 てなわけで、この第2世代アンバサダーを
 私は復刻希望しているわけですが
 現状では絶対無理だろうな。

 余談ですが、1600と3600は、フレーム関係とスプールが違うだけで
 ハンドル側機関部は同一らしいです。

 部品番号が違っても、形状は同じだったりするから
 アンバサダーはいろいろ役に立ちそうです。

 国産も、わりと他機種間で互換可能な部品があるそうなので
 その辺をわかりやすくアナウンスしてくれないかな。



 その他S(SM)1600C関係記事




      
Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system