MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント





“ザ・フッコハンター”
スピンテールジグ各種
(自作品)

     



 市販品は使ったことがありません。
 自作で十分だし。

 鉛を溶かして自作するのは危険ですので
 安易に取り組まない方が無難です。

 やるなら、市販のメルトポットなどを購入して
 石膏型は何日もかけてよく乾燥させてから成型しましょう。




 スピンテールジグその1




          


 18グラムサイズの試作品。
 やっぱりテールの線は伸ばした方がよいかも。
 ブレイドのフック絡みがやや大目。







 スピンテールジグその2



                 



 その1の改良版。
 浮上性を高めようと思って
 三角断面で製作。
 今後は、このタイプで製作します。





                  

                これがエポキシパテで作った原型。
              これを石膏で2面取りしてジグモールドを起こし、
                 鉛を流して成型するわけです。






 ブレイドは、ハンマーとタガネを使って
 ステンレス板(0.3ミリ)から叩き出しています。
 ステンレスがハンズで一番安いから。
 光沢も良いし。
 1時間あれば1枚作れます。




              

                打ち出しタガネは
                   ハンズの彫金コーナーなんかで
                   手に入るはず。通販でも手に入るぞ。

               中央を凹ませた木の板の上で
               トントンカンカン叩くのです。
               素材の切り出しは、0.3ミリステンレスなら
               金属用ハサミを使えば簡単、でもないか。
               真鍮材なら加工はもっと楽なんだろうけど。





 他にも、24グラムの重いやつを作って使っていましたが
 底を取り過ぎるので使わなくなりました。
 木型成型だったから精度も良くないし。
 (しかし、そんなのでもヒットしてくるんだな。)



 仕上げは、サンドペーパーで軽く磨いて
 ホイル貼りしたら、ゲンゲンのクリアラッカーでコーティング。
 色付けはマジックとマニキュアです。
 いちいちエアブラシで吹き付けとか
 面倒くさくてやっとれん。

 未塗装状態で釣れたりするから
 時々仕上げ工程が虚しくなったり…。

 このルアーも損失率が高いですね。
 高い市販品を新品で買う気はしないな。






 その他ルアー関係情報

Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system