MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント


“ザ・フッコハンター”
アブガルシア
アンバサダー
トーナメントT3000C

     

      写真左が欧米版トーナメントT3000C。右は日本版T3000C。
      商標の問題で名前を変えなきゃならなかったそうな。
      遠心マグ併用も、特許の関係でメーカー非推奨という
      ナンとも苦労人なリールだよな何?違いがわからない?
      そりゃそうだ。文字表記くらいしか外観の差異はありません。



 日本版T3000Cと中身はほぼ同じ。これは欧米版です。

 最初に手に入れた日本版T3000Cが気に入ったから
 ネットオークションで欧米版をもう1台調達しました。
 フットナンバーは日本版と同じ060006です。

 ただ、同じ欧米版トーナメントT3000Cでも
 個別にフットナンバーとは別の
 シリアルナンバーが振られているみたいです。

 私の手持ち2台は、1台目がサムレストに「TC30 1949A」
 2台目が「TC30 2900A」と刻印されていました。

 この4桁数字は製造台数なんでしょうか?


 現在、欧米版トーナメントT3000Cは2台保有し、
 1949Aを予備機として待機させ、2台目の2900Aを実戦投入しています。


              

          こいつがヤフオクで入手した2台目の欧米版T3000C。
          これはひどかった。
          ドラグはパーツの組み違えで滑りっぱなし。
          ハンドル固定用のEリングはついておらず
          スプール左エンドの樹脂キャップは傷だらけ。
          ハンドルノブは手垢まみれで真っ黒。
          おまけにフレームの加工が微妙にずれた不良品ギリギリの機体。
          スプールエッジがフレームとの接触で若干塗装剥げしていた。
          落札額1000円で、全て解決可能だったので不問としたが
          現物を見て購入できないのはやっぱり問題だな。
          まあ、フルメンテの結果よく回るので実戦配備中。



 日本版も合わせると計3台保有です。
 2010年において、こんな90年代の、
 しかも製造中止して久しいリールを複数台かき集めたあたり、
 如何に管理人のハートをズギューンしたかが伺えます。

 がっしりした耐久性に加え、良好な整備性で
 常時コンディションを最高に保つことができます。

 ブレーキは遠心マグ併用可能ですので
 ボールペン芯小型ブロック2個は入れっぱなし。
 調整はメカブレーキとマグトラックスで行います。

 本来はマグブレーキのリールなんだろうけど
 明らかに磁力だけではパワー不足な気がするな。
 メカブレーキフリーでは投げられまい。
 マグを増設するのは構造上無理か?


 セッティングとロッド次第で
 5センチのシンキングミノーも一応キャスト可能です。
 10メートルも飛ばないだろうけど。

 コルクシートでナイロン3号を
 100メートル巻ける程度に下巻きしてやると
 スプール総重量を2グラムほど軽くできます。

 重いからバス釣りにはお勧めしません。


 ベアリングはオープンにして
 コルクシートとアルミテープで下巻きして(3号ナイロンの場合)
 サムレストに滑り止めパターン入りアルミテープを貼って
 スプールバヨネット(カムロックスプールのフタ)に
 コルクシートを貼ってやれば快適に使えます。



            

         工夫その1
         バヨネット表面に1ミリコルクシート貼り付け。
         滑り止め。傷防止。何よりこのリールの欠陥である
         マグレバーのパーミング時誤操作問題が軽減される。
         ただ、一度貼ってしまうと、剥がす際には
         粘着シートにロゴプリントを持っていかれると思うので留意されたし。



         

         工夫その2
         サムレストにパターン入りアルミテープを貼ってやると滑り止めになる。
         パターンはペン軸をゴロゴロ転がして点ければOK。
         このリールは全備重量が290グラムを超えるの
         こうした処置はかなりの疲労軽減につながる。
         ※現在は、このテープの上からコルクシートを貼っています。



 その他T3000C関係記事

 T3000C分解整備マニュアル

 日本版と欧米版の差異詳細
Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system