MENU

モバイル
ベイトキャスティングスタイルについての
あれこれ

地元密着
自転車ランガン釣行について


なぜベイトタックルを使うのか?

廉価ロッド万歳!

ロッドの仕舞寸法を短くする

私がリールに求める要件

ラインは安物ナイロンを

モバイルロッド普及委員会




ロッドラック
全てベイトキャスティングロッドです。
まともなロッドは持っていません。


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック210改


振出コンパクト
ベイトキャスティングロッド
プロマリン・ファインパック240改


振出3ピース9フィート
ベイトキャスティングシーバスロッド
ダイワ・クロスカーボ
パシフィックファントム
CC−903T−3FS改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用7フィートロッド

エイテック・バストラッカー
EV−602ML-C/OR改


富士工業NAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)

採用7フィート10インチロッド
シマノ・バスワンXT1652−2改


富士工業GAアダプター式ハンドル
(フジグリップ)
採用6フィート8インチパックロッド

OGKパックキャスト604ML−C改


6フィート8インチ4ピースベイトロッド
OGKグローバルパック4・664ML−C




リール箱
ベイトキャスティングリール主体です。
2000年以前のモデルしかありません。


ABUガルシア
アンバサダーブラックマックス
スプリント


シマノ
アクシス100(旧型)


ABUガルシア
アンバサダーS1600C


ABUガルシア
アンバサダーT3000C


ABUガルシア
アンバサダートーナメント
T3000C


ABUガルシア
アンバサダーSM1600C


ABUガルシア
アンバサダーS3000C


ダイワ
BW2(改)


ダイワ
ミリオネアGS2000C


ABUガルシア
アンバサダーXLT1・2スピード
シュプリーム


ABUガルシア
アンバサダー4600Cガンナー
(080008)


シマノ
102plus
(ペナルティ用クローズドフェイスリール)


ABUガルシア
カーディナルC5
(ペナルティ用スピニングリール)




ルアーボックス

基本、自作です。

ミノー自作品
ミノー市販品
バイブレーションプラグ
スピンテールジグ自作品
トップウォータープラグ市販品
トップウォータープラグ自作品
ワーム(市販品・自作品)
ジグヘッド自作品




捕獲記録

本命(セイゴ・フッコ・スズキ)
愛すべきド外道


LINK

本館BLOG
“ザ・フッコハンター”ドキュメント






“ザ・フッコハンター”
アブガルシア
アンバサダーT3000C
         

          見ての通り、今なお斬新なデザインだ。
          これ以前の駄作非円形アンバサダーとは
            一線を画する存在です。




 名機SM3000Cの派生機種です。
 ベアリングをボール2ローラー1にして、
 コストダウンと機構の簡素化を図っています。

 中古でカード付き箱付きのものを手にいれました。
 ネットオークションで3千円もしないで落札。いい買い物だったな。

 カードは既に登録済みらしいのですが
 私の名前で登録していないので
 保証があるかは不明です。


 このリールを手に入れたのは、
 アンバサダーS1600Cと同系統のリールであり、
 使いまわせる部品が多かったため。

 円形ベイトリールのレベルワインド問題も気になったので
 テストサンプルが欲しかったのです。

 非円形ベイトキャスティングリールのこれなら
 レベワイのライン抵抗問題を解決して
 飛距離を伸ばせると思ったのさ。


 実際の性能に関しては、ベアリングをオープンにして
 遠心ブレーキをボールペン芯の小さいのにしておけば
 普通に使えると思います。

 ウルキャス遠心アンバサダーなら
 ボールペン芯さえあれば
 純正ブレーキブロックはなくても平気。
 ブレーキなしで安売りされている中古があったら
 躊躇せず買って大丈夫だ。(ブレーキに関しては、だけど)



         

          左はS1600Cのスプール。右はT3000C。
          どちらもブロックはボールペン芯を加工して作りました。
          多分、穴が小さいと思うので
           リューターなどで穴を大きくするといいかも。


 残念ながら、S(またはSM)1600Cと飛距離は大差ありません。

 重量は全備で290グラムを超えますが
 ロングロッドで両手投げメインのスズキ釣りなら
 あまり問題にならないね。ロープロフィールだし。

 遠心は純正を使わずボールペン芯製小型ブロックを使い、
 最小限のブレーキ力にとどめて
 調整は外部操作可能なマグに任せれば
 かなり快適に使えるリールだと思います。


         

         ご覧の通り、メーカー非推奨非公式ながら
         遠心マグ併用のデュアルブレーキ状態で運用可能です。
         正確にはメカブレーキも含めてトリプルブレーキと言うべきか。


 SM3000Cよりもベアリングが少なく
 故障箇所は最小限に抑えられて良いです。

 ベアリングが多ければ良いという風潮には賛同しかねます。
 故障箇所が増えるし、巻きが軽すぎて早引きになりがちです。


 構造的には、むしろ丸型アンバサダーに近いです。
 反面、自重がかさむわけですが、まあ仕方ないか。


       

        シャフト分離のウルトラキャストデザインスプールと
          カムロックスプールチェンジ機構の組み合わせに加え
          円形ベイトリール風の独立メカプレートによる簡素な機関部です。
          整備性はおそらく全非円形リール中最強レベル。

        ※写真は、ネオジウム磁石を抜いた状態。



 この系統のリールは、いつか進化した形で復活させてほしいです。
 もしくは復刻版の発売でもいいぞ。

 重いからバス釣りにはお勧めしません。
 スズキ釣りなら、丈夫で扱いやすく整備もしやすいため
 かなりお勧めです。(但し要チューニングです。)

 各社最新ベイトリールには性能で負けるだろうけど
 堅牢性と整備性の高さは
 SM3000C系の方が圧倒的に上じゃないの?


 非円形アンバサダーとしては、ひとつの到達点ですね。
 長く使える中古タックルとしてもお勧めです。
 傷の似合うリールです。

 但し、このリールは状態の良さゆえ、現在押入れで待機中。



 T3000C欧米版と日本版の違いについて

 アンバサダーS(SM)1600C/3600Cとのパーツ互換性について

 S3000CとT3000Cのパーツ互換性について 1

  S3000CとT3000Cのパーツ互換性について 2

 T3000C分解手順

 その他アンバサダーT3000C関係情報

Home
Copyright (C) SK.All Rights Reserved.
inserted by FC2 system